48歳転職のおすすめサイト人気ランキング

〜失敗しない就職&転職〜

 こちらでは48歳の方の転職や就職活動がよりスムーズに行える為に必要な情報にアンテナを張って、皆様にアプローチしていきたいと思います。

 


リクナビNEXT[業界最大級の会員数!]
詳細
★★★★★
 リクナビネクストでは匿名レジュメ登録システムが特に注目すべきサービスです。こちらはスキルやキャリアなどを登録する専用の履歴書の様な物で、企業からも注目度の高いリクナビNEXTならば、貴方のレジュメが閲覧される機会も高いのです。そして、その後のオファーやスカウトにまで発展するという期待が持てるので、そのサービスを最大限に利用してみましょう!!
利用者の声
良かった
転職者の8割が利用しているだけあって、リクナビNEXTのサービスはなかなかのものでした。こちらしか利用していないため比較はできませんが、周囲の転職者の話を聞くところだと、リクナビNEXTを選んで正解だったと感じております。まず最初に試してみて欲しい求人サイトです。
良かった
40代という転職には厳しい年齢でしたが、これまでのキャリアにはそこそこの自負があったためリクナビNEXTのスカウトを積極的に活用させていただきました。思っていた以上の企業からオファーを戴き、生意気にもこちらが選ぶ立場となり、転職を果たすことができました。
良かった
前の仕事に嫌気がさし、心機一転、業種も変えようとリクナビNEXTで転職を試みた私。もう若いとは言えない年齢にもかかわらず、積極的に面接を受けさせていただける求人があったことに驚きました。お陰で転職にも成功。新しい人生のスタートを切れた次第です。
普通
リクナビNEXTを使ってみて、全体的にマイナス点は感じられなかったものの、やはり転職エージェントと比べると転職を可能にするためのサービスに乏しさを感じました。特に私のような40代には厳しい。上手くタイミングが合えば、使って良かったと思えるサイト、といったところでしょう。
普通
たくさんの職種の求人が見つけられるところは好印象。求人ひとつひとつの情報の詳細さもなかなか。ただ、スカウトサービスは、よほどの実績などがない限り、積極的なオファーはもらえず、説明会や求人を提示される、消極的オファーに留まるようです。ここが少し残念なところ。


リクルートエージェント[頼れる専任アドバイザー]
詳細
★★★★
 48歳には48歳ならではの強み、また、貴方ならではの強み、これらを客観的に判断して企業と結びつけてくれる役目をするマンパワーがリクルートエージェントのキャリアアドバイザーという存在です。画面検索だけでは決して味わえないようなきめ細やかな転職サポートによる成功が期待できるサイトとして中高年の方の登録は必須です!
利用者の声
良かった
よくある、軽い雰囲気のエージェントではない点が気に入り利用していましたが、リクルートエージェントはこちらの希望を詳細に汲み取った上で企業を紹介してくださったところに好感が持てました。複数紹介してもらった中に不満のある求人はなく、全てが良質なものでした。
良かった
リクルートエージェントさんのお陰で転職を無事にクリア。40代なのに給与が転職前よりもアップしたのは、まさにこちらのアドバイザーさんのお陰。他にもいろいろとアドバイスをいただき、滞りなく転職活動を終えることができました。人にお勧めしたくなるエージェントです。
良かった
リクルートエージェントの良かったところは、企業情報がとても細かかったこと。求人検索サイトでは手に入れられない情報まで提供してくれたため、書類作成や面接対策も抜かり無く行えました。悪かったところは特に見当たりません。何もかもお世話になった印象です。
普通
サービスの質は高いように感じました。満足できなかった部分があるとすれば、私のような40代にはなかなかマッチする案件が少なかったことくらいでしょうか。しょうがないかもしれませんが、そこまで網羅したエージェントであれば、満点をあげられるくらいのサービスではあります。
普通
転職はなんとか果たすことができたものの、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、アドバイザーというほどの働きは見られず。もう少しきめ細やかな対応や、企業それぞれに適したアドバイスがあると有り難かった。アドバイザーとの相性によるのかも。

 

 

 


 40代の後半ともなると中高年になりベテラン世代。48歳と言う年齢は期も熟し、企業からの期待も高まるばかり。就職や転職難と言われる時代においても、有能な人材に対しての採用のチャンスは大いに期待できる状況も見られます。特に業績が安定している業界や企業への転職はもしかしたら今が狙い目かもしれませんね。 

 

 そのような絶好のタイミングを逃さない為には、よりスピーディで内容の充実した情報を収集できる転職サイトの利用が必須です。それから、折角登録しても使いこなせないのでは利用価値も下がってしまいます。その辺りについて、ポイントをご紹介して行きますので、どうぞご一読ください!

3ヶ月以内完了は40代だと6割前後

 

 3ヶ月、この期間が転職活動にかかる期間としてはひとつのボーダーラインになるという考え方が市場にはあるようです。40代の転職希望者なら、6割前後が3ヶ月以内に転職することができるというデータもあるため、大半とは言えませんが、半分以上の人はこの期間に活動を終了させることができるでしょう。

 

“在職中に転職”のいいところ

 

 転職活動をするタイミングには、在職中と退職後の2つのパターンがあります。在職中に転職活動をすることには、お金に困らないという良い部分があります。給与を受け取りながら転職活動ができるので、生活に困窮することもないでしょう。

 

正規雇用と非正規雇用の違いのおさらいから

 

 年齢や状況によって、例えば若い人が就職を目指している状況と、ある程度の年齢の人が転職を目指している状況とでは、知っておくべき正規雇用と非正規雇用の違いには差が出てくるのかもしれません。それを詳しく紹介する前に、正規雇用と非正規雇用の違いのおさらいからしておきましょう。

 

 正社員が正規雇用であり、正社員以外が非正規雇用。正規雇用は継続的労働契約であるのに対し、非正規雇用は期間限定的労働契約となっているのが一般的です。

自分の転職活動を振り返ろう

 

 48歳での転職を振り返ったとき、若いときと同じように簡単だったと答えるのは、ヘッドハンティングを受けたひとだけではないでしょうか。定年の引き上げはあるものの、それでも会社に貢献できる年数が短い48歳を、積極的に採用しようと考える企業は、思っていたほど多くはなかったはずです。

 

ミドル世代を対象にしたブラック企業が増えている!?

 

 ブラック企業とは、採用した社員に尋常ではない長期間労働やノルマを課し、クリアできた人材だけを残して、目標未達の社員に対しては、精神的・肉体的なプレッシャーを与えて退職に追い込み、切り捨てる会社のことを指すと、考えているミドル世代が多いです。

 

 ですが、最近は中高年を対象にするブラック企業が、増えているという現実があります。これは、転職後すぐに役職者に登用して手当をカットし、サービス残業を強いたり、理由をつけて勤務条件を悪くするという企業です。

 

円満退職の有無

 

 退職をするのであれば転職先での仕事に支障が出ないように円満退職を心がけたいことです。48歳ともなれば円満退職がすんなりできるか苦労するかは企業によっても異なってくるでしょう。

 

 年齢のことも考えて転職をするのはしょうがないと考えて退職を受け入れてくれるところもあれば、まだ働ける年数が十分であるため、引き止めをしてくる企業もあるからです。

 

 退職をすんなりと受け止めてくれれば企業との交渉は考えなくてもよいですが、それでも自分が抜けることでの穴埋めするための作業はしていかなくてはいけません。

 

 それらができていないまま退職してしまえば企業側から悪い印象を持たれることになってしまうからです。油断せずに退職までにやるべきことをこなしていきましょう。

 

書類について

 

 入社の手続きとしてやらなければいけないこととしては企業に求められた書類の用意です。必要となる書類は企業ごとに変わってくるため必ず用意すべき書類については確認しておきましょう。

 

 書類によっては手続きをする必要があり、そのお陰で用意するのに時間がかかるものがある場合もあります。何かしら期限が切れている書類があると特にそのケースであることが多いため、自分の状態を確認して何が時間がかかる書類であるかも確認しておきましょう。

 

 用意に関しては内容の確認も忘れずにしてください。内容に間違いがあればまた用意するのに手間がかかるものになってしまいますから。

 

計画立てて退職手続きを

 

 退職するとなれば何もしなくてもいいというわけではなく、退職までに企業に返すべきものを返しておいたり、今している仕事を他の誰かに引継がせるための作業もしなくてはいけません。

 

 48歳ともなればやるべきことは大分多くなるでしょう。そのため要領よく進めなければ退職する日までに間に合わなくなってしまいます。

 

 しかし作業としては退職する数日前には終わっていることが理想であるため、正確にはその数日前までに終わらせるようにしなければいけません。

 

 退職するまではまだ企業の社員であるため普段の仕事もこなさなくてはいけません。それらをこなしつつ退職の作業も行う必要があるのです。
 そうなると手当たり次第やっていては効率としてはあまりよくないことになるため、手続きをする前に計画を立ててその通りに進めていくようにしましょう。とはいえ計画通りに行かないことも多いため、ある程度は余裕をもたせるように立てましょう。

 

自分の考えを持って挑む

 

 面接の際には予めどんな質問がされるかを推測しておき、それに関する答えを用意しておくのは当たり前ではありますが、それだけでカバーできないことが多いのが高齢の人間の面接というものです。

 

 ただ質問の答えを考え暗記しておくだけでは棒読み気味な答え方にもなってしまい、予期せぬ質問が来た時は答えることができなくなってしまいます。

 

 48歳ともなれば自分で考えて仕事をしていかなければならない年齢でもあります。そのため面接に挑む前には答えを考えておくだけでなく、様々な事柄に関して自分の考えも持って挑むようにしましょう。

 

 自分の考えを持って挑むことが出来なければ面接を突破できたとしても仕事の方で問題が出る可能性が高くなるのですから。

 

仕事についてのアピールが大事

 

 48歳は仕事の技術や経験が重視される年齢であるため、仕事に関しての質問は避けることはできません。内容としては単純にしてきた仕事に対して聞いてくることもあれば、仕事をやる上で重視していること、どんな仕事が厳しかったといったこちらの考えを聞いてくる質問もあり、どういうものが出るかは分かりません。

 

 内容によっても「この人はどういう仕事をしてきてどういうことができる人か」「この人はどう考えて仕事をしているのか」と聞きたいことが変わってきます。

 

 しかしどれも共通して「仕事の話」であることは変わりません。どのような質問が出てもいいようにやってきた仕事に関して確認しておくのはもちろんですが、それと同時に自分なりの仕事に対する理念についても話せるようにしておきましょう。

 


トップページ 転職に役立つ5つの手順 おすすめ転職サイト